So-net無料ブログ作成

久しぶりの小樽① 鮨「みよ福」さん  2011-4-9 [寿司]

 実家から父親を連れてきて2ヶ月ほど経ちました。春の風に誘われて小樽にプチドライブです。父は多分20年ぶり以上でしょう。お刺身好きの父なのでお昼はお寿司にしました。

みよ福.JPG  みよ福2.JPG
     みよ福                    メニュー
みよ福3JPG.JPG  みよ福4.JPG
    鮨 特  1900円                鮨 上   1600円
       小樽のすし屋と言えばはわが家では「幸寿司」さんと決まっています。以前は悪名高かった(?!)「柏寿司」(確かにひどい接客でした・・・)や定番の「政寿司」などお店を点々としていましたが、20年ほど前に家内の小樽の友人から「幸寿司」さんを教えてもらってからは殆ど浮気はしてません。子ども達も大好きなお店です。娘は特に「あなご」がお気に入りです。

 大震災の影響でしょうか、土曜日でこんなに観光客の少ない小樽は見たことがありません。運河のお店も閑散としています。アジアからの観光客は全く見かけません。

 今回は久し振りに別のお寿司屋さんに行くことにしました。ネットで気になっていた「みよ福」さんはこじんまりとした地元の常連の多い店との書き込みを見たのできっと私の好みのお店だと信じて行ってきました。お店は小路に入った所にありました。カウンター6席と小上がりがの小さなお店で御夫婦で切り盛りされています。12時40分頃に入店しましたが、先客が一人も居ないのでちょっと不安に・・・・。メニューは3種類ですし屋通りのお店と比べると庶民的な価格になっています。父は「特」1900円、家内と私は「上」1600円をお願いしました。苦手なものが多い私は「生」を本当は頼みたかったのですが・・・。高齢の父に柔らかいネタに変えますかと御主人が気を遣ってくれました。注文が終わった頃に続々と来客がありあっという間に満席です。

 お寿司は小ぶりに見えますが、シャリはやや多めでしょうか。ネタはさすがに新鮮で価格以上に楽しめます。椀物は付いていませんが量も十分です。私は苦手なイクラを家内に頼んで9貫食べましたが十分でした。アワビは固くてあまり好きではありません。「生」を注文していればイクラとアワビの代わりに目の前にあったおいしそうなタコが食べられたかもしれません。

 御夫婦は旅行が趣味との事で厨房の壁には全国の通行手形が貼ってあります。御主人は返還前から沖縄へ行っていたそうで、奥様は長野の「渋温泉」を勧めてくれました。観光ズレしない地元のお店として永く続くお店だと思います。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。